最近始めたシリーズの一話目です。

せっかくなので漫画の後に、ふだんブログにはあまり書かない洋楽の思い出とかをダラダラ書きたいなと思います。
興味のある人だけどうぞ。
異世界ロックスター (1)

異世界ロックスター (2)

異世界ロックスター (3)

異世界ロックスター (4)

僕が洋楽にハマったきっかけってクイーンとかボン・ジョヴィとかそのへんなんですけど、やっぱクイーンは今聴いても素敵だなと思います。(ボン・ジョヴィも好きですよ)


はじめにハマったクイーンの曲はたしか「伝説のチャンピオン」だったと思うんですけど、CMで聞いたのが初めてなのかコンピレーションの「NOW」で聞いたのが初めてなのか思い出せない。
でもとにかく心をつかまれました。
なんていい曲なんだろうと思った。


そんで大学時代に過去のアルバムをどんどん聴いていったんですけど、一番かっこいいなと思ったのはセカンドの「クイーンⅡ」でした。
「輝ける七つの海」とか最高でしたね。
まあ「オペラ座の夜」も好きだし、その後のアルバムも好きなんだけどやっぱりセカンドの重厚感みたいなのに圧倒された記憶があります。あの頃は中古CD屋で洋楽の名盤をあさるのがとても楽しかった。


そしてその流れからボウイやU2、ニルヴァーナなんかも好きになっていくんですけど、長くなるのでそのあたりはまた次回にしたいと思います。
うん、ブログの趣旨完全に変わっちゃいましたね。